今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

2月22日は【猫の日】ネコノミスク到来で2兆円の経済効果

可愛い

2月22日は【猫の日】ネコノミスク到来で2兆円の経済効果

なぜ、2/22は猫の日?

「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」という猫の鳴き声の語呂合わせということで、猫の日制定委員会が1987(昭和62)年に制定しました。
 この日に決まったのはペットフード工業会が全国の愛猫家から公募した結果です。

出典 http://hukumusume.com

ちなみに、
猫の日は、日本では2月22日となっていますが、ヨーロッパでは2月17日、ロシアでは3月1日、台湾では4月4日、世界ネコの日は8月8日、全米ネコの日が10月29日と、各国や記念日を制定した団体によって異なる。

日本では1年に1回しか訪れない記念日だが、世界では色んな日に何処かで猫の日をお祝いがされている事は喜ばしい事だ。

猫の経済効果は?

猫-ネコノミクス

出典 http://funny-movie.biz

現在、犬派猫派の論争では、
犬が勝っているが、猫が追い抜く日もそう遠くはなさそう。


2015年に日本で調査したところ、
犬が33%、猫が23%となっている。


しかし世界全体で見ると、飼育頭数は猫が推計2億~6億頭で世界一ともいわれているという。

主な猫市場とは。

猫-2/22

出典 http://blogsimages.adobe.com

日本国内に限れば、年々犬の飼育頭数が減る一方、猫は安定している。また、一般社団法人ペットフード協会による昨年度の調査では犬と猫の飼育頭数はほぼ同数で、数年以内、早ければ今年度の調査で1位を奪還する可能性も少なくはない。

この安定した猫人気から「猫カフェ」「猫島」「猫グッズ」が国内外で一大ブームとなっている。日本における、猫がもたらす経済効果(通称ネコノミクス)は、2015年時点でおよそ2 兆3162 億円。世界の飼育頭数は日本の20~60倍で、今後より一層市場が拡大していくことが予測される。

出典 http://blogos.com

今日は猫の日という事で可愛いねこを紹介していこう。

一見不細工だが、猫の世界では女帝だそう。

お母さんと赤ちゃん達

おぼっちゃま系猫

子供と猫の友情

今日は猫の日なので、猫を飼っている人は是非、猫に敬意を払って、美味しいキャットフードを買ってあげて、勝手にお祝いしてみよう。


猫に敬意!

1

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ