世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

【感動注意】殺処分寸前のピットブルを救った女性

【感動注意】殺処分寸前のピットブルを救った女性

当時、アメリカの動物シェルターでボランティアをしていた一人の女性。
彼女は施設で、ある1匹の犬に心を奪われた。


痩せ細ったピットブルは近々、殺処分が決まっていたが、
彼女は出会ったその日に何か運命的なものを感じて翌日にピットブルを家に連れて帰った。

これは本当に運命というものだろうか。

ボロボロになっているピットブル

もうまもなく殺処分される間近のピットブル。
彼の名前はラス。

そんなラスの残り少ない命に手が伸びた。

ピットブル-KAYLA FILOON

image credit:ACCT Philly

ラスは当時4歳で、迷い犬だった。

その姿は痩せていて風邪気味で耳や尻尾の毛はボロボロだった。
そんな中、ラスはとても穏やかな性格で彼女の瞳をずっと見つめていた。


心を打たれた彼女はラスを45分間の散歩に連れていった。

散歩を連れていってもらったラスは彼女の側を離れようとしない。
まるでお互いが運命の糸に結ばれたかのような瞬間だった。


さらにお座りやお手も出来ており、過去には飼い犬として飼われていてたみたいだ。

image credit:ACCT Philly-ピットブル

image credit:ACCT Philly

image credit:Kayla Filoon-ピットブル

image credit:Kayla Filoon

安楽死が迫る中、彼女はラスを引き取りを決意した

この施設ではやむなく15匹の犬たちを安楽死させるということが決まっていたのだ。特にラスのように弱って病気の犬が選ばれる確率が高いのだ。

しかし、彼女はラスを絶対に引き取りたい気持ちが強かったのだろう。

すぐに母親に連絡し、連れ帰る事を決意した。

image credit:Kayla Filoon

image credit:Kayla Filoon

そして、無事引き取り成功。

そして、翌日にすぐにラスを連れ帰る事に成功。

もう少し遅れていたら、ラスは殺処分されていた。
そして、これから、一緒に過ごしていく。

image credit:Kayla Filoon-ピットブル

image credit:Kayla Filoon

家に連れて帰られたラスはとても大人しくて、利口で家族にもすごく気に入られた。
最初は風邪気味だったが、すぐに体調が良くなっていった。

image credit:Kayla Filoon-ピットブル

image credit:Kayla Filoon

image credit:Kayla Filoon-ピットブル

image credit:Kayla Filoon

ラスは元気なると、彼女につきっきり。
本当に恋人のように一緒に寝たり、彼女がソファにいると、ラスも当然のように横に来る。

Jamie Holt-ピットブル

image credit:Jamie Holt/Facebook

image credit:Kayla Filoon-ピットブル

image credit:Kayla Filoon

image credit:Kayla Filoon-ピットブル

image credit:Kayla Filoon

image credit:Kayla Filoon-ピットブル

image credit:Kayla Filoon

image credit:Kayla Filoon-ピットブル

image credit:Kayla Filoon

彼女とラスの動画はFacebookで100万回以上再生され、世界に感動を与えた。

また動物の殺処分について、みんなが真剣になって考えるテーマであるかもしれない。

image credit:Kayla Filoon-ピットブル

image credit:Kayla Filoon/Facebook

会ったその日にラスとの楽しい日常がイメージできたというケイラだが、シェルターで出会いを求めていたラスもまた彼女に運命を感じていたにちがいない。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ